スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お客様の隠れた『下心』を利用して。

男性のお客様がお店の看板娘に弱い。
しかし、これは男性のお客様に限った話しではありません。

女性のお客様であっても、実は異性のスタッフ、つまり男性スタッフから対応された時の方が嬉しいのです。

自動車ディーラーに夫婦で仲良く訪れるお客様は、多くの場合、奥様の方がお財布の紐を握っていて、最終決定権も奥様にあるのだそうです。
そこで夫婦のお客様がやってきたら、すかさず男性スタッフが歩み寄り、奥様を中心に口説いていく。
そうすると予算が200万円だったはずの夫婦が、気持ちよく購入してくれるばかりか、奥様の一存でオプションをつけ、当初の予算をオーバーしてしまうのだそうです。

ちなみに、男性が財布の紐を握っている家庭では、男性が1人で買いに来ることが多く。

このときには若い女性スタッフをつけて、やはり熱心に口説き落としていく。

勿論しっかり商品知識をつけさせ、マナー教育や専用のスクリプトを身につけたうえでの話しではある。

そしてまた、男性スタッフから誉められることは、女性客にとってなにより嬉しいものなのです。

男性も女性も関係なく、人は異性に優しくされたほうが嬉しいのです。

開運アドバイザー
來未
スポンサーサイト
プロフィール

kaiunkumi

Author:kaiunkumi
HPへ戻る



最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。